SORT

入力を並べ替えます。

SORT [/R] [/+n] [/M KB] [/L ロケール] [/REC レコードバイト]
  [[ドライブ1:][パス1]ファイル名1] [/T [ドライブ2:][パス2]]
  [/O [ドライブ3:][パス3]ファイル名3]
  /+n                         各行の比較を始める文字番号 n を指定します。
                              /+3 は、各行の 3 番目の文字から比較を始める
                              ことを意味します。n 文字より少ない行は、ほかの
                              行より前に照合されます。
                              既定では、比較はそれぞれの行の最初から始め
                              ます。
  /L[OCALE] ロケール          指定されたロケールでシステム既定のロケールを
                              上書きします。""C"" ロケールは、最も速い照合
                              シーケンスに従います。現在指定できるロケール
                              は ""C"" のみです。並べ替えは、常に大文字と小
                              文字を区別します。
  /M[EMORY] KB                並べ替えに使うメイン メモリのサイズを KB
                              で指定します。メモリ サイズは、常に最小
                              160 KB で制限されます。メモリ サイズが
                              指定された場合、メイン メモリをどれだけ利用
                              できるかにかかわらず、指定されたサイズのメモリ
                              を使用します。
                              通常は、メモリ サイズを指定していないとき、最高
                              のパフォーマンスを得られます。既定では、並べ替
                              えが既定の最大メモリ サイズに格納できる場合は、
                              (一時ファイルを使わないで) 1 回のパスで実行
                              します。そうでない場合は、(一部の並べ替えられ
                              たデータを一時ファイルに格納して) 2 回のパス
                              で実行し、並べ替えと結合パスのためのメモリのサイ
                              ズを等しくします。入力と出力の両方がファイルの
                              場合、既定の最大メモリ サイズは利用できるメイン
                              メモリの 90% になります。そうでない場合は、
                              メイン メモリの 45% になります。
  /REC[ORD_MAXIMUM] 文字数    レコードの最大文字数を指定します
                              (既定値 4096、最大値 65535)。
  /R[EVERSE]                  並べ替えの順序を降順にします。つまり、Z から A、
                              9 から 0 の順に並べ替えます。
  [ドライブ1:][パス1]ファイル名1
                              並べ替えられるファイルを指定します。指定されて
                              いない場合、標準入力を並べ替えます。
                              入力ファイルを指定する方が同じファイルへの標準
                              入力をリダイレクトするより速くなります。
  /T[EMPORARY]
    [ドライブ2:][パス2]
                              データをメイン メモリに格納できないときのた
                              めに、並べ替えのための一時記憶域を保持する
                              ディレクトリを指定します。既定ではシステムの
                              一時ディレクトリを使用します。
  /O[UTPUT]
    [ドライブ3:][パス3]ファイル名3
                              並べ替えられた入力ファイルが格納されるファイル
                              を指定します。指定されていない場合、データは
                              標準出力に書き込まれます。出力ファイルを指定す
                              る方が同じファイルへの標準出力をリダイレクト
                              するより速くなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SORT
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ASSOC

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。 Detail »

ATTRIB

ファイルの属性を表示または変更します。 Detail »

BREAK

拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。 Detail »

BCDEDIT

ブート データベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。 Detail »

CACLS

ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。 Detail »

CALL

バッチ プログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出します。 Detail »

CD

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHCP

有効なコード ページ番号を表示または設定します。 Detail »

CHDIR

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHKDSK

ディスクをチェックし、状態を表示します。 Detail »

CHKNTFS

起動時のディスクのチェックを表示または変更します。 Detail »

CLS

画面を消去します。 Detail »

CMD

Windows コマンド インタープリターを新しく起動します。 Detail »

COLOR

コンソールの文字と背景の既定の色を設定します。 Detail »

COMP

2 個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。 Detail »

COMPACT

NTFS パーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。 Detail »

CONVERT

FAT ボリュームを NTFS に変換します。現在のドライブは変換できません。 Detail »

COPY

1 個以上のファイルを別の場所にコピーします。 Detail »

DATE

日付を表示または変更します。 Detail »

DEL

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

DIR

ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。 Detail »

DISKCOMP

2 つのフロッピー ディスクの内容を比較します。 Detail »

DISKCOPY

フロッピー ディスクの内容を別のフロッピー ディスクにコピーします。 Detail »

DISKPART

ディスク パーティションのプロパティを表示または構成します。 Detail »

DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。 Detail »

DRIVERQUERY

現在のデバイス ドライバーの状態とプロパティを表示します。 Detail »

ECHO

メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をします。 Detail »

ENDLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を終了します。 Detail »

ERASE

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

EXIT

CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター) を終了します。 Detail »