SETLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を開始します。

バッチ ファイルで環境変更のローカル化を開始します。SETLOCAL を実行した後で
変更した環境設定は、そのバッチ ファイルだけで有効です。前の設定を復元するときは
ENDLOCAL を実行しなければなりません。バッチ スクリプトの終わりに達したとき、
暗示的な ENDLOCAL が、そのバッチ スクリプトによって発行されたすべての未完了の
SETLOCAL コマンドのために実行されます。
SETLOCAL
コマンド拡張機能を有効にすると、SETLOCAL は次のように変更されます:
SETLOCAL バッチ コマンドは、オプション引数を受け取ることができます:
        ENABLEEXTENSIONS / DISABLEEXTENSIONS
            は、コマンド処理機能を有効または無効にできます。これらの
            引数は、CMD /E:ON または /E:OFF スイッチよりも優先されます。
            詳細については、CMD /? を参照してください。
        ENABLEDELAYEDEXPANSION / DISABLEDELAYEDEXPANSION
            は、遅延環境変数の展開を有効または無効にできます。
            これらの引数は、CMD /V:ON または /V:OFF スイッチよりも優先します。
            詳細については、CMD /? を参照してください。
これらの変更は、SETLOCAL コマンドの実行前の設定にかかわらず、対応する
ENDLOCAL コマンドを実行するまで継続されます。
SETLOCAL コマンドに引数を指定すると、ERRORLEVEL の値が設定されます。
2 つの有効な引数が指定された場合は 0、指定されない場合は 1 になります。
この機能をバッチ スクリプトで使って、拡張機能が利用可能かどうかを判断
することができます。それには、次のように入力します:
    VERIFY OTHER 2>nul
    SETLOCAL ENABLEEXTENSIONS
    IF ERRORLEVEL 1 echo 拡張機能を有効にできません
この方法が使えるのは、古いバージョンの CMD.EXE では、SETLOCAL は
ERRORLEVEL の値を設定しないためです。VERIFY コマンドに誤った引数を指定すると、
ERRORLEVEL の値は 0 以外の値に初期化されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SETLOCAL
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ASSOC

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。 Detail »

ATTRIB

ファイルの属性を表示または変更します。 Detail »

BREAK

拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。 Detail »

BCDEDIT

ブート データベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。 Detail »

CACLS

ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。 Detail »

CALL

バッチ プログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出します。 Detail »

CD

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHCP

有効なコード ページ番号を表示または設定します。 Detail »

CHDIR

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHKDSK

ディスクをチェックし、状態を表示します。 Detail »

CHKNTFS

起動時のディスクのチェックを表示または変更します。 Detail »

CLS

画面を消去します。 Detail »

CMD

Windows コマンド インタープリターを新しく起動します。 Detail »

COLOR

コンソールの文字と背景の既定の色を設定します。 Detail »

COMP

2 個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。 Detail »

COMPACT

NTFS パーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。 Detail »

CONVERT

FAT ボリュームを NTFS に変換します。現在のドライブは変換できません。 Detail »

COPY

1 個以上のファイルを別の場所にコピーします。 Detail »

DATE

日付を表示または変更します。 Detail »

DEL

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

DIR

ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。 Detail »

DISKCOMP

2 つのフロッピー ディスクの内容を比較します。 Detail »

DISKCOPY

フロッピー ディスクの内容を別のフロッピー ディスクにコピーします。 Detail »

DISKPART

ディスク パーティションのプロパティを表示または構成します。 Detail »

DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。 Detail »

DRIVERQUERY

現在のデバイス ドライバーの状態とプロパティを表示します。 Detail »

ECHO

メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をします。 Detail »

ENDLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を終了します。 Detail »

ERASE

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

EXIT

CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター) を終了します。 Detail »