IF

バッチ ファイル中で、条件処理を実行します。

バッチ プログラム中で条件処理を実行します。
IF [NOT] ERRORLEVEL 番号 コマンド
IF [NOT] 文字列1==文字列2 コマンド
IF [NOT] EXIST ファイル名 コマンド
  NOT               条件が偽の場合にだけ、Windows がコマンドを実行する
                    ことを指定します。
  ERRORLEVEL 番号   最後のプログラムの実行で指定された番号以上の終了コード
                    が返されたときに、条件が真になるように指定します。
  文字列1==文字列2  テキスト文字列が一致するときに条件が真になるように指定
                    します。
  EXIST ファイル名  指定したファイル名が存在するときに条件が真になるように
                    指定します。
  コマンド          条件が真のときに実行するコマンドを指定します。コマンドに
                    続けて、ELSE キーワードの後、指定した条件が偽の場合に
                    実行される ELSE コマンドを指定することができます。
ELSE 節は、IF の後のコマンドと同じ行に置きます。
例:
    IF EXIST filename. (
        del filename.
    ) ELSE (
        echo filename. missing.
    )
del コマンドは、改行で終了しなければならないため、次の例は、正しく動作し
ません:
    IF EXIST filename. del filename. ELSE echo filename. missing
ELSE コマンドは、IF コマンドの終わりと同じ行で始まらなければならないため、
次の例は正しく動作しません:
    IF EXIST filename. del filename.
    ELSE echo filename. missing
次の例のように、すべてのコマンドを 1 行にすれば正しく動作します:
    IF EXIST filename. (del filename.) ELSE echo filename. missing
コマンド拡張機能を有効にすると、IF は次のように変更されます:
    IF [/I] 文字列 1 比較演算子 文字列 2 コマンド
    IF CMDEXTVERSION 番号 コマンド
    IF DEFINED 変数 コマンド
比較演算子は、次のいずれかです:
    EQU - 等しい
    NEQ - 等しくない
    LSS - より小さい
    LEQ - 以下
    GTR - より大きい
    GEQ - 以上
/I スイッチを指定すると、文字列は、大文字と小文字を区別せずに比較され
ます。
/I スイッチは、IF の文字列 1 == 文字列 2 形式で使うこともできます。
この比較は汎用であり、文字列 1 と文字列 2 が両方とも数字だけを含む場合は、
文字列が数値に変換され、数値の比較が行われます。
CMDEXTVERSION 条件は ERRORLEVEL と同様に動作しますが、コマンド拡張機能
に関連付けられている内部バージョン番号との比較を行います。最初の
バージョンは 1 です。
コマンド拡張機能に重要な拡張が追加された場合は、値が 1 大きくなります。
コマンド拡張機能が無効である場合は、CMDEXTVERSION 条件は常に偽です。
DEFINED 条件は EXIST と同様に動作しますが、環境変数名を受け取って、環境
変数が定義されている場合は真を返します。
%ERRORLEVEL% は、ERRORLEVEL の現在の値の文字列表記に展開されます。
ただし、ERRORLEVEL という名前の環境変数が既に定義されている場合は、その
環境変数の値が取得されます。
プログラム実行後、次の例が ERRORLEVEL の使い方を説明しています:
    goto answer%ERRORLEVEL%
    :answer0
    echo Program had return code 0
    :answer1
    echo Program had return code 1
また、上の数値比較を使うこともできます:
    IF %ERRORLEVEL% LEQ 1 goto okay
%CMDCMDLINE% は、CMD.EXE が処理する前の、CMD.EXE に渡されたオリジナル
のコマンド ラインに展開されます。
ただし、CMDCMDLINE という名前の環境変数が既に定義されている場合は、
その環境変数の値が取得されます。
%CMDEXTVERSION% は、CMDEXTVERSION の現在の値の文字列表記に
展開されます。
ただし、CMDEXTVERSION という名前の環境変数が既に定義されている場合は、
その環境変数の値が取得されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - IF
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ASSOC

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。 Detail »

ATTRIB

ファイルの属性を表示または変更します。 Detail »

BREAK

拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。 Detail »

BCDEDIT

ブート データベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。 Detail »

CACLS

ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。 Detail »

CALL

バッチ プログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出します。 Detail »

CD

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHCP

有効なコード ページ番号を表示または設定します。 Detail »

CHDIR

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHKDSK

ディスクをチェックし、状態を表示します。 Detail »

CHKNTFS

起動時のディスクのチェックを表示または変更します。 Detail »

CLS

画面を消去します。 Detail »

CMD

Windows コマンド インタープリターを新しく起動します。 Detail »

COLOR

コンソールの文字と背景の既定の色を設定します。 Detail »

COMP

2 個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。 Detail »

COMPACT

NTFS パーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。 Detail »

CONVERT

FAT ボリュームを NTFS に変換します。現在のドライブは変換できません。 Detail »

COPY

1 個以上のファイルを別の場所にコピーします。 Detail »

DATE

日付を表示または変更します。 Detail »

DEL

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

DIR

ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。 Detail »

DISKCOMP

2 つのフロッピー ディスクの内容を比較します。 Detail »

DISKCOPY

フロッピー ディスクの内容を別のフロッピー ディスクにコピーします。 Detail »

DISKPART

ディスク パーティションのプロパティを表示または構成します。 Detail »

DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。 Detail »

DRIVERQUERY

現在のデバイス ドライバーの状態とプロパティを表示します。 Detail »

ECHO

メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をします。 Detail »

ENDLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を終了します。 Detail »

ERASE

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

EXIT

CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター) を終了します。 Detail »