FORMAT

Windows で使用するためのディスクをフォーマットします。

Windows で使うディスクをフォーマットします。
FORMAT ボリューム [/FS:ファイルシステム] [/V:ラベル] [/Q] [/A:サイズ] [/C] [/X]
[/P:passes] [/S:状態]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/F:サイズ] [/P:passes]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/T:トラック数 /N:セクター数] [/P:passes]
FORMAT ボリューム [/V:ラベル] [/Q] [/P:passes]
FORMAT ボリューム [/Q]
  ボリューム      ドライブ文字 (文字の後にはコロンを付ける)、マウント
                  ポイント、ボリューム名を指定します。
  /FS:ファイルシステム
                  ファイルシステムにはファイルシステムの種類を指定します
                  (FAT、FAT32、exFAT、NTFS または UDF)。
  /V:ラベル       ボリューム ラベルを指定します。
  /Q              クイック フォーマットを実行します。このスイッチは /P スイッチ
を上書きします。
  /C              NTFS のみ: 新しいボリューム上に作成されたファイルは、
                  既定では、圧縮されます。
  /X              必要であれば、最初にボリュームを強制的にマウントを解除
                  します。ボリュームへ開かれているすべてのハンドルは、無効
                  になります。
  /R:リビジョン   UDF のみ: 形式を特定の UDF Version (1.02、1.50、2.00、2.01、
                  2.50) に強制します。既定のリビジョンは 2.01 です。
  /D              UDF 2.50 のみ: メタデータが複製されます。
  /A:サイズ       既定のアロケーション ユニット サイズを無効にします。
                  一般的には、既定の設定を使用してください。
                  NTFS は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K を
                  サポートします。
                  FAT は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K を
                  サポートします
                  (セクター サイズが  512 バイトよりも大きい場合は 128K、256K)。
                  FAT32 は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K を
                  サポートします
                  (セクター サイズが  512 バイトよりも大きい場合は 128K、256K)。
                  exFAT は、512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K、128K、
                  256K、512K、1M、2M、4M、8M、16M、32M をサポートします。
                  FAT と FAT32 ファイル システムは、下記のボリュームの
                  クラスター数の制限に従います:
                  FAT: クラスター数 <= 65526
                  FAT32: 65526 < クラスター数 < 4177918
                  指定されたクラスター サイズを使用して上記の要件を満たせない
                  と判断された場合、フォーマットの処理は直ちに停止します。
                  NTFS 圧縮は、4096 より大きいアロケーション ユニット サイズ
                  に対してはサポートされません。
  /F:サイズ       フォーマットするフロッピー ディスクのサイズを指定します (1.44)
  /T:トラック数   ディスクの片面あたりのトラック数を指定します。
  /N:セクター数     トラックあたりのセクター数を指定します。
  /P:passes       ボリューム上のゼロ間隔セクターの回数。このスイッチは /Q
                  がある場合は有効ではありません。
  /S:状態        "状態" には "enable" または "disable" を指定します
                  短い名前は既定で有効になっています
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - FORMAT
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ASSOC

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。 Detail »

ATTRIB

ファイルの属性を表示または変更します。 Detail »

BREAK

拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。 Detail »

BCDEDIT

ブート データベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。 Detail »

CACLS

ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。 Detail »

CALL

バッチ プログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出します。 Detail »

CD

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHCP

有効なコード ページ番号を表示または設定します。 Detail »

CHDIR

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHKDSK

ディスクをチェックし、状態を表示します。 Detail »

CHKNTFS

起動時のディスクのチェックを表示または変更します。 Detail »

CLS

画面を消去します。 Detail »

CMD

Windows コマンド インタープリターを新しく起動します。 Detail »

COLOR

コンソールの文字と背景の既定の色を設定します。 Detail »

COMP

2 個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。 Detail »

COMPACT

NTFS パーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。 Detail »

CONVERT

FAT ボリュームを NTFS に変換します。現在のドライブは変換できません。 Detail »

COPY

1 個以上のファイルを別の場所にコピーします。 Detail »

DATE

日付を表示または変更します。 Detail »

DEL

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

DIR

ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。 Detail »

DISKCOMP

2 つのフロッピー ディスクの内容を比較します。 Detail »

DISKCOPY

フロッピー ディスクの内容を別のフロッピー ディスクにコピーします。 Detail »

DISKPART

ディスク パーティションのプロパティを表示または構成します。 Detail »

DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。 Detail »

DRIVERQUERY

現在のデバイス ドライバーの状態とプロパティを表示します。 Detail »

ECHO

メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をします。 Detail »

ENDLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を終了します。 Detail »

ERASE

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

EXIT

CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター) を終了します。 Detail »