FINDSTR

ファイルの中から文字列を検索します。

ファイルから文字列を検索します。
FINDSTR [/B] [/E] [/L] [/R] [/S] [/I] [/X] [/V] [/N] [/M] [/O] [/P]
        [/F:ファイル] [/C:文字列] [/G:ファイル] [/D:ディレクトリ一覧]
        [/A:色属性] [/OFF[LINE]] 文字列 [[ドライブ:][パス]ファイル名[ ...]]
  /B           行の先頭にあるパターンを検索します。
  /E           行の末尾にあるパターンを検索します。
  /L           検索文字列をリテラルとして使用します。
  /R           検索文字列を正規表現として使用します。
  /S           現在のディレクトリとすべてのサブディレクトリから一致する
               ファイルを検索します。
  /I           検索するときに大文字と小文字を区別しません。
  /X           完全に一致する行を出力します。
  /V           一致しない行のみを出力します。
  /N           一致する各行の前に行番号を出力します。
  /M           ファイルに一致する行があるときに、ファイル名のみを出力します。
  /O           一致する各行の前に文字オフセットを出力します。
  /P           印刷不可能な文字を含むファイルをスキップします。
  /OFF[LINE]   オフライン属性が設定されたファイルをスキップしません。
  /A:属性      2 桁の 16 進数で色属性を指定します。"color /?" を参照してくだ
               さい。
  /F:ファイル  指定したファイルからファイル一覧を読み取ります (/ を指定する
               とコンソール)。
  /C:文字列    指定された文字列をリテラル検索文字列として使用します。
  /G:ファイル  指定されたファイルから検索文字列を取得します (/ を指定する
               とコンソール)。
  /D:ディレクトリ
               セミコロンで区切られた検索されるディレクトリ文字列テキストの
               一覧を検索します。
  [ドライブ:][パス]ファイル名
               検索するファイルを指定します。
複数の文字列を検索する場合には、引数 /C を使わず、各文字列をスペースで区切り
ます。
たとえば、FINDSTR "hello there" x.y と指定した場合は、ファイル x.y で "hello"
または "there" が検索されます。
これに対して、FINDSTR /C:"hello there" x.y と指定した場合はファイル x.y で
"hello there" が検索されます。
正規表現クイック リファレンス:
  .            ワイルドカード: 任意の文字
  *            繰り返し: ゼロ個以上の直前の文字またはクラス
  ^            行位置: 行頭
  $            行位置: 行末
  [class]      文字クラス: セットの任意の 1 文字
  [^class]     逆クラス: セット以外の任意の 1 文字
  [x-y]        範囲: 指定した範囲の任意の文字
  ¥x           エスケープ: メタ文字 x のリテラル使用
  ¥        単語位置: 単語の終わり
FINDSTR の詳細な正規表現に関しては、オンライン ヘルプのコマンド リファレンスを
参照してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - FINDSTR
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ASSOC

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。 Detail »

ATTRIB

ファイルの属性を表示または変更します。 Detail »

BREAK

拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。 Detail »

BCDEDIT

ブート データベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。 Detail »

CACLS

ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。 Detail »

CALL

バッチ プログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出します。 Detail »

CD

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHCP

有効なコード ページ番号を表示または設定します。 Detail »

CHDIR

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHKDSK

ディスクをチェックし、状態を表示します。 Detail »

CHKNTFS

起動時のディスクのチェックを表示または変更します。 Detail »

CLS

画面を消去します。 Detail »

CMD

Windows コマンド インタープリターを新しく起動します。 Detail »

COLOR

コンソールの文字と背景の既定の色を設定します。 Detail »

COMP

2 個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。 Detail »

COMPACT

NTFS パーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。 Detail »

CONVERT

FAT ボリュームを NTFS に変換します。現在のドライブは変換できません。 Detail »

COPY

1 個以上のファイルを別の場所にコピーします。 Detail »

DATE

日付を表示または変更します。 Detail »

DEL

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

DIR

ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。 Detail »

DISKCOMP

2 つのフロッピー ディスクの内容を比較します。 Detail »

DISKCOPY

フロッピー ディスクの内容を別のフロッピー ディスクにコピーします。 Detail »

DISKPART

ディスク パーティションのプロパティを表示または構成します。 Detail »

DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。 Detail »

DRIVERQUERY

現在のデバイス ドライバーの状態とプロパティを表示します。 Detail »

ECHO

メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をします。 Detail »

ENDLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を終了します。 Detail »

ERASE

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

EXIT

CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター) を終了します。 Detail »