DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成を行います。
DOSKEY [/REINSTALL] [/LISTSIZE=サイズ] [/MACROS[:ALL | :実行ファイル名]]
  [/HISTORY] [/INSERT | /OVERSTRIKE] [/EXENAME=実行ファイル名]
  [/MACROFILE=ファイル名][マクロ名=[テキスト]]
  /REINSTALL               Doskey の新しいコピーを組み込みます。
  /LISTSIZE=サイズ         コマンド履歴バッファーのサイズを設定します。
  /MACROS                  すべての Doskey マクロを表示します。
  /MACROS:ALL              Doskey マクロを含むすべての実行可能ファイルの
                           すべての Doskey マクロを表示します。
  /MACROS:実行ファイル名
                           指定した実行可能ファイルのすべての Doskey マクロを
                           表示します。
  /HISTORY                 メモリ内のすべてのコマンドを表示します。
  /INSERT                  入力したテキストが古いテキストに挿入されるように
                           指定します。
  /OVERSTRIKE              入力したテキストが古いテキストを上書きするように
                           指定します。
  /EXENAME=実行ファイル名  実行可能ファイルを指定します。
  /MACROFILE=ファイル名    作成するマクロ ファイル名を指定します。
  マクロ名                 作成するマクロ名を指定します。
  テキスト                 登録するコマンドを指定します。
上下方向キーはコマンドを再度呼び出します。Esc はコマンド ラインをクリア
します。F7 はコマンド履歴を表示します。Alt+F7 はコマンド履歴をクリアします。
F8 はコマンド履歴を検索します。F9 は数字によるコマンドを選択します。
Alt+F10 はマクロ定義をクリアします。
以下は、DOSKEY のマクロ定義で使用する特殊コードです:
$T     コマンド セパレーターです。マクロ中で複数のコマンドを定義できます。
$1-$9  バッチ パラメーターです。バッチ ファイル中の %1-%9 と同じ意味です。
$*     コマンド ライン上のマクロ名に続くテキストで置き換えられるシンボルです。

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

ASSOC

ファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。 Detail »

ATTRIB

ファイルの属性を表示または変更します。 Detail »

BREAK

拡張 CTRL+C チェックを設定または解除します。 Detail »

BCDEDIT

ブート データベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。 Detail »

CACLS

ファイルのアクセス制御リスト (ACL) を表示または変更します。 Detail »

CALL

バッチ プログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出します。 Detail »

CD

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHCP

有効なコード ページ番号を表示または設定します。 Detail »

CHDIR

現在のディレクトリを表示または変更します。 Detail »

CHKDSK

ディスクをチェックし、状態を表示します。 Detail »

CHKNTFS

起動時のディスクのチェックを表示または変更します。 Detail »

CLS

画面を消去します。 Detail »

CMD

Windows コマンド インタープリターを新しく起動します。 Detail »

COLOR

コンソールの文字と背景の既定の色を設定します。 Detail »

COMP

2 個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。 Detail »

COMPACT

NTFS パーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。 Detail »

CONVERT

FAT ボリュームを NTFS に変換します。現在のドライブは変換できません。 Detail »

COPY

1 個以上のファイルを別の場所にコピーします。 Detail »

DATE

日付を表示または変更します。 Detail »

DEL

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

DIR

ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。 Detail »

DISKCOMP

2 つのフロッピー ディスクの内容を比較します。 Detail »

DISKCOPY

フロッピー ディスクの内容を別のフロッピー ディスクにコピーします。 Detail »

DISKPART

ディスク パーティションのプロパティを表示または構成します。 Detail »

DOSKEY

コマンド ラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。 Detail »

DRIVERQUERY

現在のデバイス ドライバーの状態とプロパティを表示します。 Detail »

ECHO

メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をします。 Detail »

ENDLOCAL

バッチ ファイルで、環境変数のローカル化を終了します。 Detail »

ERASE

1 個以上のファイルを削除します。 Detail »

EXIT

CMD.EXE プログラム (コマンド インタープリター) を終了します。 Detail »